プロティンの摂取とタイミング!


おはようございます。

今日も朝から暑いですね!

朝活ご利用のお客様、お疲れさまでした。


今日はプロティンの重要性・摂取タイミングなどについて書きますね。

腹筋を割りたい、筋肉を強化したい、というときに積極的に摂取したい栄養素や、

筋肉の強化によいとされるのがプロテイン!


■腹筋を割るために必要な栄養素


骨や血液、皮膚、髪、爪など身体を構成しているものの多くは、5大栄養素のひとつであるタンパク質で作られています。筋肉も例外ではなく、その約8割はタンパク質でできているのです。


厚生労働省によると、成人が1日に必要なタンパク質は、体重1kgにつき約1gとされています。スポーツ選手など筋肉を鍛えている人の場合はその2倍。体重1kgに対して、2gのタンパク質が必要とされています。筋肉を強化して腹筋を割るためには、材料となるタンパク質の摂取がカギとなる、といっても過言ではありません。
だからといって、タンパク質の過剰摂取は禁物です。タンパク質をたくさん摂った分だけ筋肉が増えるわけではありませんのでご注意ください。タンパク質を摂り過ぎると体内に吸収できず、体脂肪の増加に繋がってしまいます。


さらに、タンパク質を豊富に含んでいる食品は脂肪も多く含んでいるものが多いものです。「タンパク質をたくさん摂ろうとしたら脂肪までたくさん摂ってしまった…」ということがないように、高タンパク質かつ低カロリー&低脂肪の食品を選ぶことが大切です。


■高タンパクかつ低脂肪な食品には以下のようなものがあります。

・豚・牛のヒレ肉

・豚・牛の赤身肉

・鶏胸肉(ささみ、胸)

・大豆

・えんどう豆

 そのほか、魚はほとんどのものが高タンパクです。これらを上手にとり入れ、かつ栄養バランスのよい食事が理想です。 


■プロテインの活用法

 日本人が食事で摂取しているタンパク質の平均量は1日80.1gと言われています。(国民栄養調査)

 決して不足している量ではありません。

 が、しかし、筋肉を鍛えている人の場合、激しい運動などで筋肉が破壊されるため、より多くのタンパク質が必要になります。
そこで活用されるのがプロテインです。英語でタンパク質のことを「プロテイン」と訳しますが、ここで言うプロテインは「高タンパク質の加工食品」の事を呼びます。肉や魚、乳製品、卵などの食品からタンパク質を抽出して吸収性を高めたサプリメントで、食事だけでは足りないタンパク質を補うために役立ちます。


プロテインを摂取する回数やタイミングは、その人の運動量によって異なります。筋肉を回復する成長ホルモンがたくさん出されるのは運動の直後や就寝後30分〜1時間半になるため、運動直後や就寝前の摂取が望ましいですが、激しい運動をする人の場合は、それにプラスして運動前にも摂取することをおすすめします。激しい運動を行って身体がエネルギー不足になると、筋肉が分解されて、それによって作られたブドウ糖がエネルギー源にされます。運動前にプロテインを摂取することで、血液中のタンパク質が吸収・分解されて作られたアミノ酸で満たされ、そこからエネルギー源が作り出されるので、筋肉の分解を最小限にとどめることができるのです。


激しい運動後、ゴールデンタイムにはプロテインを摂取してくださいね!カッコいい身体を作りましょ!

DSC_6573








八千代市勝田台 加圧スタジオ『Sei』Gym


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree