糖質(炭水化物)カット?


おはようございます。

減量の際に今流行りの炭水化物をカットするダイエット方法、実践していませんか?

実は過剰に炭水化物を制限すると筋肉量が減り、リバウンドしやすい体質になってしまします。


炭水化物(糖質)と食物繊維を合わせて炭水化物と言いますが、糖質は体内でブドウ糖に分解され、血中に血糖として全身をめぐります。

体を動かすエネルギー源となります。しかし体内で血糖値を絶えず適正値に保つ為にホルモン(インスリン)によって血糖はグリコーゲンとして肝臓や筋肉に中性脂肪として脂肪細胞に蓄えられます。ですので血糖の過剰摂取は肥満や現代病の原因とななります。


そこで、炭水化物を食べなければいいのでは!というのが炭水化物カットダイエット方法!

今話題の「きゅうりダイエット」している芸能人がいますが、まさに炭水化物のカットそのものです。

確かに炭水化物を取らないようにすると、食後の血糖値が上がりにくく体脂肪はたまりにくくなるので一時的には体重は減ります

しか~し、これを続けると糖質不足になり、体は筋肉を分解して糖質を作りだしはじめます。すると筋肉量が減るとともに、基礎代謝も低下し疲れやすく、やせにくくリバンドしやすい体質になってしまうのです。


大切なのは主食である米・麺・パンその他の糖質を必要以上に摂りすぎないこと。そのためには、デザートも控えめ、食べてもフルーツにする、菓子パンではなく玄米パンや雑穀パンに変える、糖質の多いく含む類やかぼちゃ、にんじん、とうもろこしなどを食べ過ぎないといった所を注意しましょう。

g-hozon

極端な食事制限とも言える炭水化物カットダイエットは決して体に良い訳はありません糖質の仕組みと働きをしっかりチェックして無理のない除脂肪目指しましょう!


八千代市勝田台 加圧パーソナルスタジオ『Sei』Gym





コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree