燃焼系 サプリメント!


 

色々な種類が存在するダイエット・サプリメント。

その中で「燃焼系サプリメント」を飲んでいる方も多いと思いますが、

この「燃焼」について少し書きたいと思います。

 

脂肪燃焼には3つのプロセスがあります。

1.「分解」。

 体内の脂肪はまず脂肪酸という物質に分解されます。

2「運搬」

 分解によってできた脂肪酸はさらにさまざまな物質に変化し、細胞の中のクエン酸回路という場所まで運ばれます。

3.「燃焼」

 クエン酸回路というのはいうなれば体のエネルギー生産工場。

 この回路内で、脂肪から変化を遂げて運搬されてきた物質が最終的にエネルギーに変わって燃焼されます。

 

この3つを通過して脂肪の量を減らすことはできないのです。

 

「分解」「運搬」「燃焼」のハードルに影響するものは何か?

 この「分解」「運搬」「燃焼」は個人差があり、それぞれの能力が高い人、低い人がいます。

ではそれは何が影響するのでしょうか?

「分解」が影響を受けるのは、ライフスタイル。例えばふだんデスクワークが多い人は、残念ながら脂肪の分解がうまく進みません。

ですから、通勤時にはなるべく階段を使うとか、車より自転車とか、家事を積極的に行うとか、自分のできる範囲で体を動かす努力が大切です。

 

「運搬」は年齢が大きく影響します。

「運搬」を担う成分にカルニチンというアミノ酸がありますが、このカルニチンを合成する力が30代半ばを過ぎると低下すると言われています。

 

「燃焼」はトレーニングの内容が関係します。ウォーキングなど、有酸素系のトレーニングを中心に行う人は燃焼能力が高く、

無酸素運動が多い人はそれほど高くありません。

 

燃焼系サプリメントは、この3つのプロセスとの関係を理解したうえで活用すると、脂肪の燃焼効率をより高めることができます。

 

燃焼系サプリメントを上手に選ぶには

「分解」「運搬」「燃焼」それぞれに、どんな成分が有効なのでしょう。

 

「分解」に効果的だと言われているのはカフェイン。カフェインは眠気覚ましの効果が知られていますが、これはカフェインがアドレナリンなどの覚醒系の脳内物質の分泌を促すから。実はアドレナリンは交感神経を刺激して脂肪分解も促進する作用があるのです。ほかには、コレウスというハーブも脂肪分解に効果があるとされています。

 

前にも書きましたが、「運搬」を担う成分は、カルニチンというアミノ酸。カルニチンは体内ではリジンとメチオニンという必須アミノ酸から合成されるので、肉や魚や卵などの良質なたんぱく質をとることが大切です。ただし加齢とともに運搬能力が衰えている年代の人は、カルニチンが含まれているサプリメントを試してみるといいでしょう。

 

「燃焼」と関係する成分は、HCA(ハイドロキシクエン酸。ガルシニアとも呼ばれます)です。HCAはクエン酸回路のエネルギー生産力を長く持続させる効果が期待できます。

 

「燃焼系サプリメントとひとくちに言っても、いろいろな種類がありますが、配合されている成分が、3つのプロセスのどれに役立つのか理解することが重要ですね。分解や運搬の機能が衰えている人が、HCAをたくさん飲んでも高い効果は得られなかったりするからです。それから注意してほしいのは、『これを飲むだけでやせる』というような宣伝を信じて、サプリメントに頼りきるのはダメだということ。仮に効果があったとしても、それは美しいやせ方ではないのでは.・・・・・・?

 

ライフスタイルやトレーニングをきちんと見直したうえで、やせるモチベーションを高めるための手助けのひとつとして、サプリメントを上手にとりいれていきましょう。

カルニチン・クエン酸・アルギニン・マルチビタミン配合の『燃え燃え』お試しあれ!

燃え燃え

八千代市勝田台 加圧スタジオ『Sei』GYM

 


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree