クーラー病に注意


こんにちは!

本日は七夕ですが、天の川は見れそうにないですね~

 

最近、体調を崩されてる会員様が多く、その理由が“エアコンの冷房”のようですが、会社で冷房が効いた部屋に長時間いたり、寝てる時につけっぱなしだったり・・・

冷房による体調不良の事を“クーラー病”と言ったりしますが、これは、自律神経の乱れによっておこります。

 

人間の体は、夏には夏型に、冬には冬型の体へと調整しています。

夏は体内に熱がこもらないように、血液を拡張し、熱を体外に逃がそうとします。冬はその逆です。

しかし、夏型の体で冷房の効いた部屋に長時間いると、寒さを感じ自律神経が血管を収縮させ冬型の体に変えようとするので、この為に、自律神経は季節を混乱し、体の温度調節機能に乱れをを起こしてしまうので、頭痛や怠さなどの体調不良が起きてしまうのです。

 

クーラー病は、夏の暑さによる体力消耗が主な昔からの夏バテとは違い、現代のエアコンが普及してからの新たな症状なので、新型の夏バテともいわれています。

根本的な原因は、エアコンの長時間使用なので、エアコンを使わないのが一番の対策ですが、職場など人が集まる場所では、なかなか自分の希望する温度に変える事は出来ませんので、カーディガンをはおったり、ひざ掛けをして体を冷えさせないようにしてください。

また、家にいる時は低すぎない温度に設定するか、扇風機に変えるかしてクーラー病にならないように気を付けましょう。

 

setsuden_senpuki_man

 

 

栄養士mina

八千代市勝田台 加圧スタジオ『Sei』

 


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree